HOME>オススメ情報>オメガのオーバーホールを依頼できる時計修理店5選

オメガのオーバーホールに関する料金や頻度、期間について

オメガのオーバーホールの周期は、機械式時計の場合は3年から4年に1度の頻度で行い、料金は4万円前後が相場となります。

オーバーホールを依頼する時のおすすめ5社

郵送で依頼できる時計修理の千年堂

郵送で受け付けてくれるので便利なうえ、無料でクリーニングもしてくれます。

香港に支社のある時計修理はCJ

部品の調達もスムーズで、料金も安いのが特徴です。

技術力の高さが自慢のCIEN

技術責任者に元正規修理部門の出身者がいるので安心して任せられます。

料金も安く信頼できる修理技能士が在籍するリぺスタ

国家資格1級時計修理技能士が在籍しているので信頼できます。

納品の早さが自慢のWATCH COMPANY

年間受託本数が2万本以上と高い実績を誇る優良店です。

使用する部品をチェック

ディスプレイ

オメガのオーバーホールを依頼する場合、純正部品で対応する店か、違う部品で対応する店か確認してから依頼するようにしましょう。依頼する店舗によって純正ではない可能性があると、メーカーに修理依頼を出してもしてもらえない可能性が高いからです。

出してから戻るまでにかかる期間

懐中時計

修理店によって、オメガのオーバーホールを依頼する場合にかかる期間が大幅に異なる為、依頼するときにどれくらいの期間かかるのかを確認してから依頼しましょう。店舗や依頼する時計の型式、更に時期によって混雑具合が大幅に異なる為、期間は大幅に長くなる可能性が高いといいます。早ければ数週間で終わるといいますが、長いときには1か月半以上かかることもあるため、その鑑別の時計をつけている必要があることを理解してください。